ガバナンス情報

コーポレート・ガバナンスの重要な要素である、
社外取締役や独立取締役についての調査や
ガイドライン、経営や制度・法律に関する意見書など、
取締役や取締役会に関する公開情報を掲載しています。

MEDIA:マスメディアへの掲載

2021年7月 9日[ メディア・ロビー活動 ]

NEW
2021/7/10 週刊 東洋経済

ガバナンス地獄 最後の審判―上場企業のコーポレートガバナンス調査引用


2021/7/9 日刊工業新聞
にっぽん再構築 会社は誰のもの(11) 中核は株主、姿勢変わらず―宮内義彦会長


2021/7/7 日本経済新聞
企業統治の現実(2)―上場企業のコーポレートガバナンス調査引用


2021/6/23 日本経済新聞
迷走みずほ問題(下)監督できぬ取締役会―「独立社外取締役の行動ガイドラインレポート」(独立取締役委員会)引用

Vol.6 - 2021年4月号

2021年4月12日[ 雑誌「コーポレートガバナンス」 ]

トップランナー:企業経営の改革者に聞く
淡輪敏(三井化学 株式会社 代表取締役会長)
佐貫葉子(NS綜合法律事務所 代表 弁護士)
OPINION LEADER:なぜ「コーポレートガバナンス」なのか 手塚正彦
PREMIUM REPORT:CEOの任務・役割、選任、在任期限 冨山 和彦、落合 誠一
SPECIAL REPORT:コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2020表彰式、20周年記念シンポジウム 他

設立20周年記念シンポジウム開催

2021年3月31日[ メディア・ロビー活動 ]

コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2020表彰式では、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から例年行われてきた懇親会に代わり、設立20周年を記念した基調講演と、審査委員や受賞企業の経営トップらを招いたパネルディスカッションが行われ、その様子はオンライン中継されました。

CEOガイドライン(2021)

2021年3月 3日[ レポート・提言 ]

日本取締役協会・CEOを考える委員会(委員長 冨山和彦*1、副委員長 落合誠一*2)は、コーポレート・ガバナンス・コードの改訂、東京証券取引所の上場区分の変更など、求められるガバナンスが変化する状況下で、改革を進め、会社業績向上の主役としての役割を果たすべき、経営トップ(CEO)の任務・役割に関する指針をとりまとめました。

ガバナンス・オブ・ザイヤー:メディア掲載、イベント出演

2021年2月19日[ コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー ]

タイアップ出稿

2021/02/19 日経ビジネス 2021年2月22日号(No.2079)
コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー (編集タイアップ)


2021/02/12 フジサンケイビジネスアイ/Sankei Biz
「ガバナンス経営の最前線」P1, P2, P3, P4


パブリシティ


2021/02/05 週間粧業オンライン
ライオン、コーポレートガバナンスが評価され都知事賞を受賞

2021/01/08 産経新聞/産経ニュース
コーポレートガバナンス大賞にキリンHD

2021/01/08 フジサンケイビジネスアイ/Sankei Biz
20年度の大賞にキリン選出 コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー