• 社外取締役トレーニングBASIC 2019 受講者募集開始
  • コーポレート・ガバナンスって何?
  • 「監査等委員会の監査の展望〜取締役が行う監査について〜」の公表
  • 「コーポレート・ガバナンス・オブ・ザ・イヤー®2018」受賞企業発表
  • コーポレート・ガバナンスに関するリンク集

<本講座の特長>

【特長1】会社法改正・ガバナンスコード改訂版にも対応

【特長2】コーポレートガバナンスの最新情報を提供

◆コーポレートガバナンス・コードにおいて、「取締役・監査役は、上場会社の重要な統治機関の一翼を担う者として期待される役割・責務を適切に果たすため、その役割・責務に係る理解を深めるとともに、必要な知識の習得や適切な更新等の研鑽に努めるべき」と明記されています。

◆具体的には「会社の事業・財務・組織等に関する必要な知識を取得する」、「取締役・監査役に求められる役割と責務(法的責任を含む)を十分に理解する」ことが求められており、『経営幹部のためのコーポレート・ガバナンス研修』は、これらの内容を網羅したプログラムです。

◆日本のコーポレートガバナンスの普及活動を設立時より行ってきた、当協会だからこそ実現できるプログラムです。コーポレートガバナンスの仕組みは何のために整えるのか、その思想や目的を平易に解説いたします。

◆全6回中4回のご出席(代理出席を除く)にて、修了証を発行いたします。(英文/和文ともに対応可能)

期 間 2019年9月11日(水)~11月上旬 全6回 17:00~19:50 ※初回のみ16:30開始
会 場 日本取締役協会・ボードルーム (JR浜松町駅直結・世界貿易センタービル6階)
対 象 企業の管理職、執行役員・取締役、その候補者
※トレーニングに関係する業種の方のお申し込みはお断りいたします。予めご了承お願いいたします。
定 員 20名
受講料 一般:350,000円/会員:250,000円(いずれも消費税別)
主 催 一般社団法人日本取締役協会

▼講座の様子(YouTube)

NEW

2019/4/26 日本経済新聞 電子版 企業統治「底上げ」が新たな課題 ―宮内義彦会長(経営者ブログ)


企業経営と会計委員会(第57回)

2019/04/25

講師:金融庁企画市場局 企業開示課長 井上俊剛氏
テーマ:企業情報の開示の充実と監査報告書の透明化等について

◇会計監査についての情報提供の充実に関する懇談会◇「財務諸表以外の記載内容」にかかる監査人の対応◇企業情報の開示の充実に向けた取組み

CEOを考える委員会(第4回)

2019/04/24

解説:東京大学 名誉教授 弁護士 落合誠一氏(CEOを考える委員会 副委員長)
テーマ:CEOの在り方提言の検討

内部統制連絡会(2019年度)

2019/04/12

講師:山口利昭法律事務所 弁護士 山口利昭氏
テーマ:近時の事例から考える-日本企業の危機管理に求められるガバナンス

2019年度実績

日本の金融の新しい動きを理解し戦略を考える委員会(第4回)

2019/04/12

講師:東京都 戦略政策情報推進本部 戦略事業担当部長 田尻貴裕氏
テーマ:国際金融都市・東京の実現に向けて

◇「国際金融都市・東京」構想の3つの柱◇資産運用業者の育成◇官民一体の金融プロモーション組織の設立

<本講座の特長>

【特長1】日本取引所グループ/東京証券取引所 後援プログラム
【特長2】会社法、ガバナンスコード、CGSガイドラインなど制度改正にも対応
【特長3】修了証の発行により、トレーニングの証明が可能

◆2001年の設立時より、コーポレートガバナンスの普及・啓蒙活動を行ってきた日本取締役協会の活動経験を活かし、実績のある講師陣に迎え、社外取締役の役割を十分に果たすための知識や必要な情報を提供します。
◆終了後のアップデートプランが充実。トレーニングコースの受講生・修了者は、識者、参加者と自由に意見交換を行う社外取締役懇談会(ランチ会)への参加が可能です。(費用別途)

期 間:2019年6月5日(水)~2019年12月10日(火)全7回(月1回開催)

時間帯:15:00~16:30

対 象:上場企業の社外取締役またはその候補者。
    社内取締役、コーポレートガバナンス担当役員、取締役会サポート部門の方
    ※トレーニングに関係する業種の方のお申し込みはお断りいたします。
     予めご了承お願いいたします。

会 場:日本取締役協会 ボードルーム(JR浜松町駅直結・世界貿易センタービル6F)

主 催:一般社団法人 日本取締役協会 
後 援:日本取引所グループ/東京証券取引所
社外取締役TR

取締役会の在り方委員会(第7回)

2019/04/04

講師:G&S Global Advisors Inc 代表取締役社長 橘・フクシマ・咲江氏
テーマ:実効性のある取締役構成:多様性の活用

◇取締役会の実効性とは◇これからの取締役会構成とは◇今後の日本企業の取締役会の課題◇今後の最適な取締役構成の方向性