• コーポレート・ガバナンスって何?
  • 「コーポレート・ガバナンス・オブ・ザ・イヤー®2016」受賞企業発表
  • 社外取締役トレーニング(2017年度)受講者募集中
  • コーポレート・ガバナンスに関するリンク集

当連絡会は、国際会計基準に関する、実務責任者の情報交換の場です。当協会会員のネットワークを生かし、制度の動向や最新情報を提供しています。

2017年度、若干名の参加者を募集いたします。

NEW

2017/03/17  フジサンケイビジネスアイ/Sankei Biz「コーポレートガバナンス変革の時」
2月20日に行われた表彰式を中心に、今年の表彰について、紹介しています。 P1 P2 P3 P4

新・成長戦略委員会(第10回)

2017/03/17

講師:株式会社すかいらーく 代表取締役社長 兼 CEO 谷真氏
テーマ:すかいらーくの復活について

【タイアップ出稿】

2017/03/17  フジサンケイビジネスアイ/Sankei Biz「コーポレートガバナンス変革の時」
2月20日に行われた表彰式を中心に、今年の表彰について、紹介しています。 P1 P2 P3 P4

不確実な国際環境変化と企業経営委員会(第20回)

2017/03/16

講師:サンディスク株式会社 代表取締役社長 小池淳義氏
テーマ:ビッグデータ時代と人工知能とその先にあるもの~教訓と大局的視点による将来展望

日本取締役協会が開催している取締役・執行役員向け研修をまとめました。

170314_01photo.jpg

リレーブログ:日本版スチュワードシップ・コードの方向性

2017/03/14

日本投資環境研究所 主任研究員・政策研究博士 上田亮子

コーポレートガバナンス・コードと両輪をなすスチュワードシップ・コード。

第11回は、日本投資環境研究所の上田亮子氏に、今春の改定が予定されている日本版スチュワードシップ・コードの方向性について語っていただきました。


 2014年2月に金融庁より公表された日本版スチュワードシップ・コードは、機関投資家の役割やエンゲージメントの実効性についてのフォローアップの議論を経て、現在改訂作業が進められています。

取締役会運営研究会(第6回)

2017/03/14

講師:鳥飼総合法律事務所 弁護士 青戸理成氏
テーマ:取締役会の運営と事務局の役割

◇内部統制と取締役会事務局の役割◇取締役会運営の課題

〇コーポレートガバナンス・コード、スチュワードシップ・コードにより、コーポレートガバナンスの定着が進み、制度をベースに各企業が、どう内容を充実していくかが問われています。
〇ガバナンスの形式や内容を整えるのは経営者の仕事とすれば、実行を後押しするのが社外取締役の役割です。形だけでなく、内容においても取締役会が機能するために、必要な情報を提供いたします。

主催: 一般社団法人日本取締役協会
対象: 取締役(社内・社外)、管理職
定員: 20名
受講期間: 2017年5月12日(金)~8月23日(水) 全7回
会場: 日本取締役協会・ボードルーム (JR浜松町駅直結・世界貿易センタービル6階)
受講料: 185,000円(税込)  日本取締役協会・会員優待価格:80,000円(税込)