日本取締役協会について

日本取締役協会は、経営者、専門家、研究者、社外取締役、機関投資家など、経営に携わる人々が日本企業の成長を目的に集まる、日本で唯一の団体です。

2001年の設立時より、企業の成長の仕組みとして、コーポレートガバナンスの普及・啓蒙活動において、取締役会の運営と、社外取締役の役割における、ベスト・プラクティスを蓄積してまいりました。

目的

本法人は、企業経営に携わる人々が、コーポレート・ガバナンス(企業統治)を充実させることにより経営の効率化を図り、日本経済の持続的発展と豊かな社会の創造に寄与することを目的としています。

その目的を実現するために、本法人は以下の事業を行います。

  • 日本のコーポレート・ガバナンス(企業統治)を充実、普及させるための活動
  • コーポレート・ガバナンス(企業統治)を中心に経営全般についての知識を向上させるための会合、企画、情報、場所の提供
  • 執行役、取締役、取締役会のコーポレート・ガバナンス(企業統治)に関する調査、研究、出版および研修
  • 取締役の育成、支援および紹介
  • 企業経営に係る制度、市場の調査、研究
  • 企業経営に係る立法関係者、証券取引所、機関投資家、報道関係者、研究者との対話
  • 海外の諸団体との事業提携、情報交換

設立経緯

日本取締役協会は2001年11月に、上場企業の経営者を中心に、発足しました。2002年4月1日 有限責任中間法人格に取得、2009年1月21日 一般社団法人に移行しました。

活動内容

取締役会の運営全般、経営者と取締役の活動についての情報交換、コーポレートガバナンスに関する基本方針のベスト・プラクティス・モデルや、独立性基準、報酬ガイドラインなどの発表を行うと同時に、コーポレートガバナンスの担い手である、取締役の人材の蓄積(データベース)、育成(経営幹部研修・社外取締役トレーニング、企業出張研修)に取り組んでいます。
この他、コーポレートガバナンスに関する提案、ロビー活動を行うと共に、企業表彰制度を2015年から開始しました。

取締役会・取締役向け研修

コーポレートガバナンスの要諦をなす取締役会、社外取締役は何をするかについてのポイントを効率よく学べるコースです。制度・規制のアップデート、専門家からの情報提供、著名経営者との意見交換を重視したプログラムなどを提供しています。

実務担当者向け勉強会

専門性の高いテーマは、担当部署の責任者向けに勉強会を開催しています。

レポート・ガイドライン、書籍
→協会の本
メンバー向けのサービスMEMBER
  • 委員会・セミナー コーポレートガバナンス・コードを実行していくための実践的なアプローチについて、セミナー形式で情報提供しています。その他、現代の経営陣に必要な、経済・ビジネスの環境変化、イノベーション、先端企業の事例研究等を取り上げています。議事要旨はホームページ上で閲覧可能です。
  • モーニングフォーラム 忙しいエグゼクティブ向けに、朝食会も実施しています。
  • 専門的な分野の検討会も開催 監査等委員会設置会社研究会取締役会運営研究会
  • 懇親プログラム  ワインを楽しむ会など、会員同士のネットワーク形成を促す会合も開催しています。
  • 会員総会 特別講演に各方面のオピニオンリーダーを招聘、タイムリーな話題を提供しています。(5月)
  • Winter Seminar 年に1回、コーポレートガバナンス改革の総括を行い、今後の課題について自由な議論を行っています。(12月)
企業出張研修MEMBER
社外取締役データベースMEMBER

  • 会員からなる社外取締役の候補者リストを作成。現在、会員企業のみ紹介を行っています。
  • プロフィール:男性96%、女性4%。平均年齢61.7歳 300名程度。

    会報誌"Board Room Review"MEMBER

  • 年3回発行しています
  • コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー

    政府による成長戦略のひとつとして、日本企業の稼ぐ力を推し進めるため、コーポレートガバナンスを用いて、中長期的に健全な成長を遂げている企業を後押しする目的で、2015年度より実施しております。
    →ガバナンス表彰について
    →表彰企業リスト

    年間活動レポート

    ページ上部へ