ロビー活動:日本金融監査協会・研究会に登壇

2015/01/08

日本金融監査協会 リスクガバナンス研究会は、1月8日、法政大学 ボアソナード・タワーにて講演会を開催し、当協会・原良也・コーポレートガバナンス委員会委員長が「グローバル水準のコーポレートガバナンス」をテーマに講演しました。


金融機関の役員・監査役・内部監査部門長を対象に開催されている当研究会で、原委員長は、アベノミクスでのコーポレートガバナンス改革は成長戦略の一丁目一番地であるが、日本企業の国際競争力とコーポレートガバナンスの順位が低い状態にあり、コーポレートガバナンス改革においては特に独立社外取締役の導入と役割、『守り』から『攻め』のガバナンスへの理解が必要と説明されました。続いて、当協会作成のコーポレートガバナンス・コード案、金融庁・東証の有識者会議のコードについての概説、最後に金融機関のコーポレートガバナンス在り方について意見を述べられました。

その他、金融庁 検査局長 遠藤俊英氏が「金融機関のビジネスモデルとガバナンス改革」について、日本金融監査協会 リスクガバナンス研究会 碓井茂樹氏(FFR+、日本銀行金融高度化センターが、「金融機関のリスクガバナンス:現状と課題」について、講演されました。