ロビー活動:第10回ラウンドテーブル・ジャパンに出講

2014/06/07

2014年6月6日~7日に開始された 国際会議 第10回ラウンドテーブル・ジャパンのブレインストーミングセッションに当協会から、井口武雄・監査等委員会設置会社研究会座長と、モデレーターとして、澤口実・同副座長が出講されました。
→同会議については、こちら

座長 井口武雄


第10回ラウンドテーブル・ジャパン:「アベノミクスの先に - - 世界舞台への日本の復帰」
ブレインストーミングセッション 「最適なコーポレート・ガバナンス・モデルを求めて」
2014年6月7日(土)@ジェトロ

ディスカッション・リーダー
◆井口武雄・監査等委員会設置会社研究会座長
◆佐野 順一郎・ ダルトン・インベストメンツ 日本代表
◆塩崎恭久 衆議院議員 
◇Moderator:澤口実・監査等委員会設置会社研究会副座長

主な議論のテーマ
・上場企業のコーポレート・ガバナンスの課題。社外取締役に何を期待するのか、今後どのようなコーポレート・ガバナンスを指向するか。
・自民党の成長戦略における施策・提言、コーポレート・ガバナンス・コードの狙い
・経営者の立場から、取締役会、社外取締役について。「社外取締役・取締役会のあり方」提言について
・投資家の立場から、取締役会、社外取締役について。独立取締役の選任・増員の次に投資家が求めるコーポレート・ガバナンスとは何か。