131118_01thumb.jpg

公開シンポジウム2013「今こそ問われるコーポレート・ガバナンス」を開催

2013/11/18

本年度も産経新聞社と共催で、公開シンポジウムを11月18日(月)イイノホール(霞が関)で開催しました。
(後援:フジサンケイビジネスアイ、協賛: オリックス株式会社、キッコーマン 株式会社、株式会社 経営共創基盤、 株式会社 大和証券グループ本社、東京海上日動火災保険 株式会社、株式会社 バンダイナムコホールディングス)

本イベントの概要は、2013年12月17日の産経新聞にて紹介されました。

当協会会長 宮内義彦氏の開会あいさつに続き、自由民主党 幹事長 石破茂氏から、現在、日本はデフレ経済からの脱却がはかられようとしており、この機会に民間企業の力を引き出すための施策は何か、日本の経済発展と将来のビジョンについての基調講演がありました。
シンポジウム会場

パネルディスカッションでは、パネリストの政策研究大学院大学教授 大田弘子氏、株式会社東京証券取引所 代表取締役社長 清田瞭氏、日本取締役協会 副会長 冨山和彦氏(株式会社 経営共創基盤 代表取締役CEO)が、日本企業のガバナンス改革によって、民間経済の活性化をどのように実現するかを議論しました。

シンポジウム会場