2006年

わが国初のサクセションプランに関する報告書。実態調査の報告として、サクセッションプランにおける対象者の選抜、育成システム、評価、エマージェンシー・プランをまとめました。

BOOK:監査委員会ガイドブック(2006)

日本取締役協会 (編集)単行本: 206ページ; 3,300円(本体価格)
出版社: 商事法務;ASIN: 4785713348 ;(2006/6)
内容: 委員会設置会社に移行した企業の「監査委員会」の実務につき、実態を検討した結果をふまえ、新会社法下での「監査委員会」運用につき、Q&A形式でわかりやすく解説。
購入はこちらから

調査:役員報酬アンケート(2006)

2006/06/22

意見書:役員の業績連動型報酬に関する税制改正の要望(追加提言)(2006)

2006/06/12

2005年2月に公表した「経営者報酬の指針」のフォローアップ、役員賞与・ストックオプションを法人税において損金算入を可能とするよう要望。

第4回定時会員総会

2006/05/11

場所:帝国ホテル(内幸町)

特別講演:日本銀行総裁 福井俊彦氏
テーマ:日本経済の現状と展望

意見書:東証上場制度の改善に向けたディスカッション・ペーパー(2006)

2006/04/24

健全性の確保、透明性の向上、不正行為の未然防止に向けた監視体制の強化を提言。

 わが国初となるCEO の後継計画と指名委員会の役割についての調査結果。

BOOK: 江戸に学ぶ企業倫理(2006)

弦間 明、小林 俊治(監修)日本取締役協会 (編著) 単行本: 299ページ; 2,730円(本体価格)
出版社: 生産性出版; ISBN: 4820118242 ; (2006/03)
内容: 日本人のもつ商業道徳、企業倫理の原点である江戸時代の真の姿はどうであったのか。資生堂相談役・弦間明、帝国ホテル会長・藤居寛など4人が企業倫理を語り、アイデンティティを再認識しCSRに取り組むための指針を与える。
購入はこちらから