投資家との対話委員会

委員長:高須武男(KADOKAWA取締役)
副委員長:大月博司(早稲田大学商学学術院教授)

inve_pic_takasu.jpg

実質的・建設的対話(いわゆる「エンゲージメント」)とは、「数字より会社の方向性」を重視するための対話です。企業と投資家との間で、積極的に開示された情報をベースに、議論を重ね、相互理解を深めることが何より大切です。また、中・長期的な企業価値向上を成し遂げるためには、このエンゲージメントは必要不可欠であり、投資家・経営者 双方の真摯な努力がないとエンゲージメントのレベルに達しません。 当委員会は、企業側のIR/SR 活動の実情、機関投資家の動向などを各方面の調査・研究を紹介しながら、より良いエンゲージメントのあり方の理解を深め議論して行きます。

第26回2017/04/21

講師:一般社団法人日本投資顧問業協会 企画部長 岡崎剛司氏
テーマ:日本版スチュワードシップ・コードへの対応等に関するアンケート(第3回)の結果について(平成28年10月実施分)

第24回2016/11/30

講師:株式会社日立製作所 ブランド・コミュニケーション本部長 溝口健一郎氏
テーマ:日立のIR活動 投資家との対話とガバナンス強化による企業価値の向上

◇中期経営計画◇ガバナンス強化◇IRの概要・具体的なIR活動◇今後に向けて

「経営者報酬ガイドライン(第4版)」の公表2016/10/26

第23回2016/10/17

講師:①ペイ・ガバナンス日本株式会社 代表取締役 マネージングパートナー 阿部直彦氏
②桜美林大学 経済・経営学系 ビジネスマネジメント学群 教授 境 睦氏
テーマ:報酬ガイドライン改訂版と、経営者報酬に関する実態調査結果報告

第22回2016/05/30

講師:一般社団法人 日本投資顧問業協会 企画部部長 岡崎剛司氏
テーマ:日本版スチュワードシップ・コードへの対応等に関するアンケート(第2回)結果

◇日本投資顧問業協会について◇日本版スチュワードシップ・コード◇アンケート概要

投資家との対話委員会・緊急セミナー2016/04/06

講師:
①経済産業省 経済産業政策局 産業組織課課長補佐(総括) 黒田嘉彰氏
②ペイ・ガバナンス日本株式会社 代表取締役 マネージングパートナー 阿部直彦氏
テーマ:譲渡制限株制度の法整備と関連税制改正等に関する解説
①「攻めの経営」を促すインセンティブ報酬に関する取り組みについて
②長期インセンティブとしてのリストリクテッド・ストックとパフォーマンスシェアの活用のポイント

①施策の位置付け◇コーポレート・ガバナンス・システムの在り方に関する研究会での整理◇「攻めの経営」を促す役員給与等に係る税制の整備
②新しい株式報酬制度の意義と他制度との比較◇新しい株式報酬制度 活用の選択肢◇報酬ガバナンスにおける意義

第21回2016/02/09

講師:オリンパス株式会社 経営統括本部 広報・IR部 部長 百武鉄雄氏
テーマ:オリンパスの新ガバナンス体制構築とIR活動の関わり

◇会社概要◇ガバナンス改善とIR部門の関わり◇さらなるIR強化に向けた取り組み

第20回2015/11/12

講師:株式会社シーアンドイー 代表取締役社長 飯塚洋一氏
テーマ:「投資家と経営者をつなぐ実践的IR戦略」

◇IRとは何か◇IPO時検討事項◇IPO時の関係者◇株価対策◇個人投資家と社内外機関投資家◇今後のIRの課題

第19回2015/09/09

講師:一般社団法人日本IR協議会 事務局長 首席研究員 佐藤淑子氏
テーマ:IRとSRの融合

◇IRとSR◇企業と株主・投資家との対話の現状◇対話を企業価値向上に活かすためには◇対話の課題と企業の対応

企業経営の効率性を促すことを目的に、役員報酬の側面からのガバナンス強化について、法規制・税制改正の要望を発表しました。

第18回2015/07/17

講師:EY総合研究所株式会社 未来経営研究部 上席主任研究員 公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員 米国公認会計士(デラウェア州) 深澤寛晴氏
テーマ:ROE再考~2つのコードを踏まえた財務情報についての対話の在り方

◇日本企業のROEの現状◇ROEの要素分解と対話◇日本企業のROEはなぜ低いのか?◇中長期の対話に求められるものとは?

第17回2015/05/28

講師:スパークス・グループ株式会社 代表取締役社長
スパークス・アセット・マネジメント株式会社 代表取締役社長 阿部修平氏
テーマ:日本株式市場の展望と株主重視経営

◇経営者が意識すべき「稼ぐ力」◇ステイクホルダー(利害関係者)のバランス・立ち位置

第16回2015/02/20

講師:三菱商事 株式会社 代表取締役 常務執行役員CFO 内野州馬氏
テーマ:三菱商事の企業価値創造

第15回2014/11/13

講師:アサヒグループホールディングス株式会社 IR部門 ゼネラルマネジャー 石坂修氏
テーマ:アサヒグループのIR活動―投資家との対話による企業価値の向上

◇アサヒグループホールディングスの具体的取組と投資家との対話の活用事例

第14回2014/03/14

講師: フェデラル・インシュアランス・カンパニー 日本における代表者 髙木玲雄氏
テーマ: ここがへんだよ日本!日本の役員賠償責任保険(D&O)事情:Lost in Translation (翻訳の際失われた意味・解釈)

◇役員賠償責任保険(D&O)の本来意図した補償内容と現実のギャップ◇日米の保険約款、見過ごされがちな、3つの大きな誤解

第13回2014/01/24

講師:株式会社シェアードリサーチ 代表取締役 ジュラヴリョフ・オレグ氏
テーマ:投資家と企業の対話について―投資家とのコミュニケーションの本質を解く

◇投資家の定義◇共通信念の重要性◇企業の価値を正しく伝えるには

第12回 2013/10/11

講師:副委員長、早稲田大学 商学学術院 教授 大月博司氏
テーマ: 外国人株主によるコーポレート・ガバナンス見直し要求に対する施策

◇外国人株主の増えた理由◇コーポレート・ガバナンスの見直しを求めるのは誰か、その行動は◇Proxy Adivisorの存在◇物言う株主に対する施策

第11回2013/07/29

講師:在日米国商工会議所 成長戦略タスク・フォース委員長 ニコラス・E・ベネシュ氏、対日直接投資委員会委員長 ケン・レブラン氏
テーマ:在日米国商工会議所 「日本の上場企業のコーポレート・ガバナンス改革の実現への要望」

◇日本経済活性化のために、主に米国企業からの投資の視点で、日本企業の課題を考える

経営者報酬ガイドライン(第三版)と法規制・税制改正の要望(2013)を発表しました2013/04/12

詳しくはこちらから

第10回2013/04/03

講師:タワーズワトソン 日本オフィス マネージング・ディレクター、タレント・リワードセグメント統括 兼 経営者報酬部門統括 阿部直彦氏
テーマ:経営者報酬ガイドライン2013と、法規制・税制改正の要望についての検討

第9回2013/01/18

パネルディスカッション―資本市場の活性化から考える 
チェア:髙須武男・投資家との対話委員会委員長、コメンテ―タ―:原良也副会長、インスティテューショナル・シェアホルダーズ・サービシーズ・石田猛行エグゼクティブ・ディレクター(海外投資家の意見)、他

第8回2012/12/21

講師:資生堂社会福祉事業財団 事務局長(元IR部長)宮坂明宏氏
テーマ:資生堂のIR活動について~90年代からの進化の過程

◇情報発信機能の整備と強化◇次世代IRへ◇コーポレート・ガバナンスと情報開示強化への取り組み

第7回2012/10/05

講師:早稲田大学 商学学術院 教授 大月博司氏
テーマ:英国の企業経営に関する注目すべき最新動向

◇経済◇株式市場◇各産業◇金融サービスのガバナンス問題◇

第6回2012/07/04

講師:インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ株式会社 エグゼクティブ・ディレクター 石田猛行氏
テーマ:投資家から見た、日本企業の報酬面のガバナンスについて

◇投資家の不信感の源は何か◇報酬ガバナンスとは◇どの視点で報酬議案を作るのか

第5回2012/03/23

講師:帝人株式会社 取締役会長 長島徹氏
テーマ:帝人のコーポレート・ガバナンス

◇グローバルエクセレンス獲得への挑戦◇ガバナンス改革の歩み◇IR活動

日本経済と資本市場の活性化案を提案(投資家との対話委員会)2012/01/30

投資家との対話委員会では、経営者と投資家の対話を行い、2012年震災復興における日本経済と、資本市場の活性化についての意見をまとめました。

第4回2011/12/09

投資家の意見:ダルトン・インベストメンツLLC日本代表 佐野順一郎氏
経営サイドの見方:大月博司・副委員長(早稲田大学商学学術院教授)

意見交換◇ROEについて◇経営者の日本的なメンタリティについて◇オリンパス・大王製紙問題を投資家、資本市場はどう見るか

第3回2011/09/14

講師:早稲田大学商学学術院 教授 大月博司氏
テーマ:投資家の意見に対する経営者の意見

◇他とは異なる日本の株式市場◇経営サイドの見方◇投資家との信頼ある対話の条件

第2回2011/07/12

講師:いちごアセットマネジメント株式会社 代表取締役社長 スコット・キャロン氏、シンプレックス・アセット・マネジメント株式会社 代表取締役社長CEO 水嶋浩雅氏、UBPインベストメンツ株式会社 代表取締役社長 吉原和仁氏
テーマ:日本の株式市場の活性化にむけて具体的な施策の提案

第1回2011/05/13

講師:ダルトン・インベストメンツ LLC 日本代表 佐野順一郎氏
テーマ:日本の株式市場の活性化にむけて

◇東京株式市場の現況◇東京株式市場の活性化に向けて