取締役・社外取締役 研修

政府の成長戦略の一環として行われているコーポレートガバナンス改革に対応して、取締役会の役割や責任について情報提供を行っています。

dirc_pic2.jpg

・社外取締役トレーニング(5月~8月)

・経営幹部のためのコーポレートガバナンス研修(9月~11月)

・社外取締役懇談会(7月、9月、11月)

・出張カスタマイズ研修(会員企業のみ)

役員研修パンフレットを掲載しました2017/03/16

日本取締役協会が開催している取締役・執行役員向け研修をまとめました。

〇コーポレートガバナンス・コード、スチュワードシップ・コードにより、コーポレートガバナンスの定着が進み、制度をベースに各企業が、どう内容を充実していくかが問われています。
〇ガバナンスの形式や内容を整えるのは経営者の仕事とすれば、実行を後押しするのが社外取締役の役割です。形だけでなく、内容においても取締役会が機能するために、必要な情報を提供いたします。

主催: 一般社団法人日本取締役協会
対象: 取締役(社内・社外)、管理職
受講期間: 2017年5月12日(金)~8月23日(水) 全7回
※今期は募集を終了しました※

西日本地区の上場企業・地方銀行の役員(社内・社外取締役、執行役員)を対象に、コーポレートガバナンスに関する研修講座をグランフロント大阪 ナレッジ・キャピタルにて開催、21名の参加がありました。
大阪研修ー

多くのご要望にお応えして、大阪にて役員研修プログラムを開催いたします。
多忙なエグゼクティブのために、1日集中のプログラムとなっております。

業務上必要な知識や情報のアップデート、ならびに職務の理解・実践に必要な情報を提供するだけでなく、質疑応答、意見交換などの時間も取っておりますので、日頃の疑問や課題解決のヒントも提供いたします。

日程 2017年2月2日(木)9:45~17:00(開場9:30 昼食付)
会場 グランフロント大阪・ ナレッジキャピタルカンファレンスルーム
対象 取締役(社内・社外)、管理職
※今期は終了しました※

フジサンケイビジネスアイ紙、Sankei Biz, Yahoo news, Goo newsでも紹介(2016年11月24日)

社外取締役懇談会(第5回)2016/11/02

講師:日本銀行 金融機構局 金融高度化センター 企画役 碓井茂樹氏
テーマ:ガバナンス改革と内部監査の機能強化―「何も知らなかった」ではすまされない

◇ガバナンスのグローバル・スタンダード◇内部監査の専門職的実施の国際フレームワーク

社外取締役懇談会(第4回)2016/09/15

講師:株式会社大和証券グループ本社 名誉顧問 原良也氏
テーマ:今後の企業の競争力は、スーパー社外取締役で決まる

◇社外取締役の必要性・役割◇コーポレートガバナンス・コードの重要項目・ポイント◇ガバナンスの三つの側面から

多忙なエグゼクティブのために、早朝の時間を有効に使って、現在のコーポレートガバナンスのエッセンスを盛り込んだプログラムをご用意しました。質疑応答、意見交換などの時間も取り、日頃の疑問や課題解決のヒントも提供いたします。

日程 2016年11月18日(金)、11月24日(木)、11月29日(火)
会場 ホテルニューオータニ (千代田区・紀尾井町)
対象 取締役(社内・社外)、管理職  定員20名 
※今期は終了しました※

社外取締役懇談会(第3回)2016/07/01

講師:青山学院大学大学院 会計プロフェッション研究科 教授 八田進二氏
テーマ:不正会計事案を抑止、摘発するために社外役員等は何をすべきか

◇社外役員等の役割と期待◇コーポレートガバナンスと内部統制◇不祥事対応時の社外役員等の課題

 日本再興戦略に基づいた日本企業の稼ぐ力を取り戻す仕組みとして、コーポレートガバナンスを推し進めるための制度が整ってきました。 今後はコーポレートガバナンスの中心を担う社外取締役の役割が問われるため、継続的な知識や情報のアップデートが必要です。また、コーポレートガバナンス・コード4-14においても、取締役に適合したトレーニングの機会を提供することが推奨されています。 昨年に続き、本年も社外取締役に役立つエッセンスを盛り込んだ講座を開設いたします。

主催: 一般社団法人日本取締役協会
対象: 取締役(社内・社外)、管理職の方 
受講期間 2016年5月17日(火)~8月30日(火) 全6回
会場 日本取締役協会・ボードルーム 
※今期は終了しました※

社外取締役懇談会(第2回)2016/01/20

講師:フェデラル・インシュアランス・カンパニー 経営保険本部長 山越誠司氏
テーマ:社外取締役を守るD&O保険

◇D&O保険(会社役員賠償責任保険)で確認すべき要点◇経済産業省が提言するD&O保険の7つのポイント◇これからの注目されるD&O保険

社外取締役懇談会(第1回)2015/10/28

講師:西村あさひ法律事務所 パートナー 弁護士 武井一浩氏
テーマ:監査委員の仕事

 当協会では、社外取締役・その内定者向けに、トレーニング(研修)を開催してきました。レクチャー中心の研修を補完する会合として、お互いの情報や悩みを交換する、ネットワークを作るなど、意義のある意見交換・情報交換を行う懇談会を開催いたしました。
 第1回は、非常勤の社外役員が行う監査では、何ができるのかについて、意見交換を行いました。

 2015年5月15日、社外取締役が直面する課題について、ベストプラクティスを学ぶ「社外取締役トレーニング」が開講しました。受講者は、上場企業の社外取締役・監査役を中心に19名(うち女性5名)となりました。
 第1回講座では、社外取締役(独立取締役)に期待される役割、主たる職務は経営の「監督」であるというテーマを取り上げました。
150515_01.JPG

取締役会研究(第5回)2013/03/05

講師:株式会社資生堂 相談役 弦間明氏
テーマ:経営に活力を与えるガバナンスのために

◇すべては良い会社づくりのために◇社外取締役として

独立取締役の基礎知識(第5回)2013/02/06

講師:フェデラル・インシュアランス・カンパニー 企業保険本部シニア・アンダーライター 山越誠司氏
テーマ: 独立取締役を守る先進的なD&O保険

◇企業組織再編で機能するD&O保険◇アメリカ連邦証券取引法の域外適用◇アメリカ型D&O保険の盲点と課題  講義資料は「独立取締役の基礎知識」に収録

取締役会研究(第4回)2013/01/23

講師:東京エレクトロン株式会社 取締役会長 東哲郎氏
テーマ:当社の取締役会について語る

◇環境変化への対応とコーポレート・ガバナンスへの取り組み ―指名・報酬委員会、業績連動型報酬制度、個別報酬開示◇企業が取り組むべき課題

独立取締役の基礎知識(第4回)2012/12/11

講師:日比谷パーク法律事務所 パートナー 弁護士 松山遙氏
テーマ:独立取締役の法的位置づけ

◇これまでの法改正のながれ◇社外取締役の独立性に関する規律◇独立取締役を機能させるための工夫 講義資料は「独立取締役の基礎知識」に収録

取締役会研究(第3回)2012/11/29

講師:コーポレート・プラクティス・パートナーズ株式会社 代表取締役 明治大学商学部特任講師 関孝哉氏
テーマ:英国の取締役会―トップマネジメントのコーポレート・ガバナンス、受託者責任等の潮流

◇英国コーポレート・ガバナンスの背景◇コーポレート・ガバナンス改革◇最近の話題

独立取締役の基礎知識(第3回)2012/11/15

講師:一般社団法人日本公認不正検査士協会 理事長 濱田眞樹人氏
テーマ:独立取締役と企業不正リスク

◇不正防止は不正発見よりコスト・エフェクティブである◇不正リスクの評価◇不正リスク管理にはトップのコミットメントが必要◇ 講義資料は「独立取締役の基礎知識」に収録

取締役会研究(第2回)2012/10/17

講師:有限責任監査法人トーマツ パートナー・企業リスク研究所長 久保惠一氏
テーマ:取締役会によるリスク管理◇巨額粉飾事件とガバナンス強化

◇内部統制の考え方整理 ~ガバナンスとの関連◇特に取締役会の自己評価、全社リスク管理

独立取締役の基礎知識(第2回)2012/09/13

講師:東京証券取引所自主規制法人 東証Rコンプライアンス研修センター COMLEC(売買審査部)センター長 保坂武志氏
テーマ:インサイダー取引規制

◇制度の概要・罰則◇事例研究~ケーススタディ◇注意すべき事柄

121107_03.jpg

独立取締役の基礎知識 セミナー2012/09/12

関連書籍(2012年12月中央経済社より発売)と連動してセミナーを開催。
独立取締役を引き受けるとき、知っておくべき基本的事項を確認します。

独立取締役の基礎知識(第1回)2012/01/24

講師:公益財団法人損害保険事業総合研究所 講師 (オリックス株式会社 戦略営業部) 山越誠司氏
テーマ:不正行為に直接関与していない役員を守るD&O保険-実用に耐え得る会社役員賠償責任保険とは

◇D&O保険の実効性◇アメリカ証券市場における訴訟事例◇グローバルプログラムの限界

取締役会研究(第1回)2011/09/11

講師:西村あさひ法律事務所 パートナー 弁護士 武井一浩氏
テーマ:機能する取締役会に求められること―ケーススタディを通じて

◇取締役会の職責とは