委員会・セミナー

日本取締役協会は活動の中心として、コーポレート・ガバナンスについて様々な角度から検討するため、各テーマに関連した委員会・セミナーを設置しています。

コーポレート・ガバナンス委員会(第19回)

2017/07/12

講師:S&P グローバル・ジャパン 特別顧問 三宅伊智朗氏、S&P グローバル・レーティング・ジャパン株式会社  代表取締役社長 山本武成氏
テーマ:What is Rating?S&Pの格付評価における経営陣とガバナンスの評価手法

◇「経営陣とガバナンス」の評価◇信用格付けとは何か?◇格付け分析のフレームワーク

モーニングフォーラム(第67回)

2017/07/11

講師:株式会社日本経済新聞社 論説主幹 芹川洋一氏
テーマ:日本政治のゆくえ~どうなる安倍政権~

新・成長戦略委員会(第11回)

2017/06/26

講師:株式会社ネクステージ 代表取締役社長 広田靖治氏
テーマ:ネクステージの歩みと今後の自動車販売業界における他社との差別化と成長戦略について

国際会計基準(IFRS)連絡会(2017年度)

2017/06/07

講師:前・花王株式会社 執行役員 会計財務部門統括 青木和義氏
テーマ:花王の会計戦略とその実践 -IFRS導入-

2017年度実績

CEOの選解任・後継者計画と指名委員会の役割

2017/06/07

講師:エゴンゼンダー株式会社 代表取締役社長 佃秀昭氏
テーマ:CEOの選解任・後継者計画と指名委員会の役割

(アンコールプログラム)

独立取締役委員会(第33回)

2017/06/02

講師:東京大学 名誉教授 落合誠一氏
テーマ:取締役会による監督とは何をするのか~機関構成別の異同~

◇現行の会社法の監督の機関別規定の概要

企業格付けとROEとの関係に係る実証分析

2017/05/25

講師:法政大学イノベーション・マネジメント研究センター 客員研究員 筑波学院大学 客員教授 白田佳子氏
テーマ:企業格付けとROEとの関係に係る実証分析


コーポレートガバナンス委員会(第18回)

2017/05/19

講師:株式会社東京証券取引所 上場部 企画グループ 課長 渡邉浩司氏
テーマ:コーポレートガバナンス白書2017の概要

(アンコールプログラム)


<本講座の特長>


【特長1】コーポレートガバナンス・コードに対応

【特長2】世界に通用する経営幹部を育成

◆コーポレートガバナンス・コードにおいて、「取締役・監査役は、上場会社の重要な統治機関の一翼を担う者として期待される役割・責務を適切に果たすため、その役割・責務に係る理解を深めるとともに、必要な知識の習得や適切な更新等の研鑽に努めるべき」と明記されています。

◆具体的には「会社の事業・財務・組織等に関する必要な知識を取得する」、「取締役・監査役に求められる役割と責務(法的責任を含む)を十分に理解する」ことが求められており、『経営幹部のためのコーポレート・ガバナンス研修』は、これらの内容を網羅したプログラムです。

◆日本のコーポレートガバナンスの普及活動を設立時より行ってきた、当協会だからこそ実現できるプログラムです。コーポレートガバナンスの仕組みは何のために整えるのか、その思想や目的を平易に解説いたします。

◆全6回中4回のご出席(代理出席を除く)にて、修了証を発行いたします。(英文/和文ともに対応可能)

主 催: 一般社団法人日本取締役協会
対 象: 企業の管理職
定 員: 20名
期 間: 2017年9月1日(金)~11月29日(水) 全6回 17:00~19:50 ※初回のみ16:30開始
会 場: 日本取締役協会・ボードルーム (JR浜松町駅直結・世界貿易センタービル6階)
受講料: 378,000円(税込) ★日本取締役協会・会員優待価格:270,000円(税込)

▼講座の様子(YouTube)

→ 過去の講師・テーマ一覧
→ 過去の受講企業一覧
→ 受講者の声

◇過去の受講者は、2002年の開講時から合わせて100社余り、のべ300名にのぼり、卒業生の多くがトップマネジメントとして活躍されています。

◇特定の業界に偏ることなく、様々な分野から研修に参加されております。研修での業種を越えた議論を通じて見識を広げ、また、全6回の受講を通じて受講者同士が親交を深め、修了後も長く異業種交流が繰り広げられることも特色の一つと言えます。